日本最北端 DD撮影 宗谷岬です!!

急に「冒険」したくなりましたので、計画を立案、経路、天候を調査し出撃準備、この間わずか30分(笑)
友人のLORさんを撮影班として拉致して、いざ「出撃します!!」

向かった先は「現在、日本人が到達できる日本最北端の地、宗谷岬。」
冬は気候が厳しく、凍結路面でしかも吹雪くことが多いので遭難の危険性もあることからあまり道北に旅行に行くことはないのですけど。
21時に出発、積雪路面をひた走ります、天候は晴れ、気温は-20度前後ですが視界は良好。
凍結路面のため、なかなか速度は出せませんので夏場に比べて時間はかかりましたが、それでも往路380km7時間、午前4時に稚内は宗谷岬に到着→仮眠。
IMG_1737.jpg
日の出を待って、撮影開始。
IMG_6040.jpg

日本最北端の地での(しかも冬)DD撮影です。

撮影会と言うよりは、冒険記録ですね。早朝でしかも真冬なのでゲリラ撮影に適しておりますwww

宗谷岬(北緯45度31分22秒)は、一般人が行くことのできる範囲における日本最北端の地です。本土最北端と言ってもいいでしょう。
日本政府が領有権を主張する範囲における最北端の地は、北方領土・択捉島にあるカモイワッカ岬(北緯45度33分28秒に位置)であり、また、現在日本政府の実効支配が及ぶ日本最北端の地は、宗谷岬の西北西に位置する弁天島という岩礁ですが。


撮影は楽しいですけど、風も強く気温も低いので、正直厳しいですwww
早々に撤退、稚内の市街地ならば何かあるのではと、移動。

稚内市は、北海道宗谷地方最大の都市。最果ての宗谷岬や礼文島、利尻島へのフェリーの航路、最北の駅稚内駅を有します。
地名の「わっかない」は、アイヌ語で「冷たい飲み水の沢」を意味する「ヤム・ワッカ・ナイ」に由来。日本最北の市で松前藩が宗谷場所を開設した江戸時代初期以降、港湾として恵まれた地理条件を備え、良質な魚場に恵まれたため漁業の街として発展しました。
江戸時代中期頃からは国防上の北の要衝として重視されている。日露戦争後には樺太(現在のサハリン)航路を開設、大正時代には鉄道建設も行われ、旭川以北最大の都市。
戦後、北洋漁業基地としてさらに発展するが、旧ソ連の排他的経済水域設定後は、基幹産業である漁業が衰退し人口減少が続いています。
宗谷岬からサハリンクリリオン岬(樺太西能登呂岬)まではおよそ43kmで、日本で最もロシアに近いため、サハリン州、またはロシアと交流が深く、市内の交通標識や店舗の看板などにはロシア語の表記が散見されます。

IMG_1772.jpg

せっかくなので、『北防波堤ドーム』でも撮影。
土木学会選奨土木遺産、北海道遺産 に選定されています
IMG_1764_20140119121309fe1.jpg

稚内港の防波堤としての役割および、桟橋から駅までの乗り換え通路を兼用するため、1931年(昭和6年)から5年間をかけて建設されました。

途中、予想通りと言うか、やはり「吹雪」に遭遇。視界不良で移動速度が低下です・・・
岩見沢のスーパー銭湯で入浴(入渠)して回復です。

IMG_6123_20140119121313b8d.jpg



移動距離約800km、所要時間26時間(休憩含む)
日本最北端の旅、お疲れさまでした。

皆様はなかなか行く機会もないでしょう、楽しんでいただけたならば、幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人生という冒険は続く

たむくまさん、こんばんは~
まさかの冬の宗谷岬でしたか!しかも深夜行軍!
お疲れ様でした~
冒険…冒険かぁ

No title

ワタシは元々地理屋なので、冒険好きなのですwww
おかげさまでお出かけがマストです。

最北端は制覇しました、次は・・・どこに行こうかなあっとwww

プロフィール

たむくま

Author:たむくま
たむくま日記へようこそ! ドール関係の記事を書いております。 DD雪ミクと、SD娘との日々日常を徒然なるままに(*´ω`)

試される北の大地にて、人生を楽しく過ごしてます(笑)
此処に立ち寄られた方が愉しめていただけたら光栄至極です。

LOVE LOCAL HOKKAIDO~
北海道観光に欠かせない「初音ミク」、特に「雪ミク」を応援しています。

職業冒険者。前人未踏の地(ドール)の秘境ハンターですww
料理が好き。身体を鍛えるのも好きなオッサンです(*・∀・*)ノ
マラソンやトレイルマラソン参加してます。
でも、サブカル好きでボカロ廃でドール沼です(笑)
ドール秘境撮影隊です、エクストリームドール撮影を提唱してます。冒険大好き、秘境が私を呼んでいる。自称スプリガン、今日も山野が私を呼んでいるwww

ドール関係の記事を掲載しますので、否定する方は回れ右でwww

Twitterはこちら  @tamukuma5028
F2Cブログ  http://tamukumablog.blog.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR