ドールを背負ってどこまでも【恵庭岳】

IMG_4510.jpg
本来の恵庭岳です。


前に「手稲山」で撮影したので、今度はどこか別の山。。。
という事で、「恵庭岳」に行ってきました」


天候はあいにくの雨。
ですけど、ひょっとしたら頂上は晴れてないかな。。。とか思って行ってきました。

支笏湖の絵はがきに、必ずと言って良いほど写っている緑に覆われた富士山に似た山が恵庭岳(エエン・イワ)です。支笏湖の美しさを引き立てる山が恵庭岳であるならば、また恵庭岳の力強さを引き立てる湖が支笏湖で、湖と山って関係が素敵な山なのです。

標高1320メートルの恵庭岳は石狩平野の南西部に位置し、整った円錐形の山容から綺麗な山として認識されています。
山間部は支笏洞爺国立公園内にあり、観光名所であるだけに夏場は多くの登山者で賑わいます。しかし登山口及び山頂には山小屋もキャンプ場もないため、日帰り登山が強いられますのでご注意を。

恵庭岳は札幌に近いこともあって、登山者に人気のある山です。
標高こそ1300メートル程しかなく、数字で言えば何か物足りなく感じられるかも知れませんが、急峻なうえ登山口からの標高差は1000メートル以上もあり、登り応えは充分あります。コース中には総延長80~90メートルに及ぶロープ登りあり、一歩間違えると転落事故につながるトラバースもあり、落石を気にしながらのコンパクトな岩登りありと、札幌圏の山にあって登山の醍醐味をすべて体験できる貴重な山です。

IMG_8595.jpg


本来であれば、恵庭岳頂上からのロケーションは素晴らしいのです。
支笏湖の全容を眺めることが出来、更には石狩湾、札幌、北広島、恵庭、新千歳空港、苫小牧市街地と、石狩平野のスケールを実感できます。振り返ると北海道三大秘沼と言われるオコタンペ湖の神秘な輝きが眼下に広がり、神秘的なほどなのですけど・・・・
IMG_8575.jpg

IMG_8581.jpg
雨のため、何にも見えませんwwww

雲の中状態で、しかも霧のような状態、雨も降っており、ずぶ濡れでしたwwww

ま、登山としては、非常にいい感じでした。
難易度もそれなりで、しっかりと「登山」が楽しめたので、良しとしましょう。

折角、娘を連れて行ったのですけど・・・いい景色も観れなかったので、きっと娘はご立腹でしょうね・・・・
次は晴れた日に別の山に行こうね~





【恵庭岳】
標高........1320m
登山口標高....310m
標高差......1010m

登り時間.................2:10(平均3時間)
下山時間.................1:50(平均2時間)※撮影時間は含まないです。

【恵庭岳】(Wiki)
北海道の支笏洞爺国立公園にある第四紀火山である。標高は1,320 mで、1991年に気象庁より活火山に指定されている。アイヌ語の山名、「エ・エン・イワ」は「頭が・尖っている・山」を意味する。恵庭市の名前の由来でもある。
整備された登山道としては東斜面の爆裂火口北側を登るポロピナイコースがある。登山口は国道453号と道道730号丸駒線の分岐点付近にあり、山頂との標高差は1,000m。

崩落の危険性により山頂付近は2001年8月以降は立入禁止となっている。2003年の地震により実際に溶岩ドームが崩落し、2010年の調査ではさらに崩落が広がっていることが確認されている。このためポロピナイコースでは第2見晴台(8合目と9合目の間)で引き返すこととなる
※ 山頂にある岩塔の崩落危険(平成15年9月の十勝沖地震の影響だそうです。)のため第2見晴台から先の登山は禁止になっています。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たむくま

Author:たむくま
たむくま日記へようこそ! ドール関係の記事を書いております。 DD雪ミクと、SD娘との日々日常を徒然なるままに(*´ω`)

試される北の大地にて、人生を楽しく過ごしてます(笑)
此処に立ち寄られた方が愉しめていただけたら光栄至極です。

LOVE LOCAL HOKKAIDO~
北海道観光に欠かせない「初音ミク」、特に「雪ミク」を応援しています。

職業冒険者。前人未踏の地(ドール)の秘境ハンターですww
料理が好き。身体を鍛えるのも好きなオッサンです(*・∀・*)ノ
マラソンやトレイルマラソン参加してます。
でも、サブカル好きでボカロ廃でドール沼です(笑)
ドール秘境撮影隊です、エクストリームドール撮影を提唱してます。冒険大好き、秘境が私を呼んでいる。自称スプリガン、今日も山野が私を呼んでいるwww

ドール関係の記事を掲載しますので、否定する方は回れ右でwww

Twitterはこちら  @tamukuma5028
F2Cブログ  http://tamukumablog.blog.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR