「日本一危険な神社」【エクストリーム参拝】太田神社


setana01.jpg
北海道の「せたな町」の大成地区「太田」には断崖絶壁にそびえる太田山があります。
この太田山は道南五大霊場の一つで、日本海を真下に厳然と威厳を保つかのようにそびえ立っています。
ここに北海道最古の山岳霊場、太田神社があります。
IMG_6036.jpg
この神社は以前から「日本一危険な神社」として度々テレビ・雑誌・ネット等で紹介されていたそうなんですけど、私は実は知りませんでした・・・

LORが「まさかたむくまが知らないとは思わなかった」と言ってましたが、北海道の道の駅制覇や道内一周を何度かしてても、この「太田地区」は道が途絶えていて道内を巡る旅では経路から外れていたんですよね。
それが、2013年に今迄難所といわれていた通過できなかったR740号線が開通したので、アクセスも簡単になりましたし、それに「歩古丹」「小幌」を達成した今、多少のイベントや秘境じゃ物足りないってノリでwww
ってか、LORはここを私に教えた時点で「確信犯」だなww


その「日本一」と言われる「エクストリーム参拝」の様子を紹介する記事はたくさんあります。

『日本一危険な神社』と言われる神社 - 太田神社本殿までの道のり
http://www.town.setana.lg.jp/modules/tinycontents/index.php?id=35

北海道Likersが紹介した「『日本一危険な神社』と言われる神社へ参拝したことありますか?」
http://www.hokkaidolikers.com/articles/676


Wikiに書いてある紹介ですらこんな感じですww
『当神社は太田山の中腹にあるものの、社殿までの道程は急勾配の階段や整備されていない道・崖などが連続している。
道道沿いに最初の鳥居が建っているが、そこからは平均45度の斜度を持つ急峻で結構長い石段が現れる。
それを過ぎると草木の生い茂る獣道にも似た山道や足場が続く。付近一帯はヒグマの生息地であり、更に夏季になるとブヨ・蚊・ハチやマムシを見ることが出来る。
その山道の果てに高さ7mはある北尋坊の崖があり、そこをザイルで手繰りながら登ったところに太田山神社の本殿が建っている。』


創立は、嘉吉年間(1441~1443年)といわれ、亨徳3年(1454年)松前藩の祖、武田信広公が太田に上陸した際に太田大権現の尊号を賜ったと言い伝えられています。
以来、航海の安全と霊神の加護として信仰されてきました。
和人の入植と共に此処が出来た訳ですね。神仏信仰の和人文化なので神社は暮らしに欠かせませんしね。


で、札幌から約200km、4時間と少しかかって、行ってまいりました、太田神社です。
IMG_5895.jpg

7時前には出たんで12時には到着です。近くには何もないので(商店やコンビニもない)事前に飲料水やお神酒は購入。
IMG_5896.jpg
崖にしか見えませんねww

正直「何でこんな所に神社なんて作ったんだ!?」と。意味不明な場所に。
IMG_5901.jpg

石段の角度がもうイカレてます。角度は平均45度(50度を超える箇所も)にもなり、コレは大倉山のスキージャンプ競技場より急ですねww
IMG_5976.jpg
粛々と。参拝・・・いや挑戦か?
IMG_5900 - コピー
正直、足を滑らせて転げ落ちるだけで軽く骨折はするレヴェルですねw流石日本最強ww
太田山山頂の洞窟内にある本殿に行くためには、参拝者はまず139段もの急斜面の階段を登ります。最初の洗礼でスwww

階段を登って待ち受けるのは「急崖」ですww
IMG_5904_20150823215932452.jpg
マラソンだトレイルだと鍛えててもオッサンですからね。登山装備でよかったとマジで思いますww

途中途中で撮影しつつ前進、まあ、登山は得意ですし
IMG_5903.jpg

ちなみに上から転げ落ちる石が下まで止まらずに落ちていきます。まさか神社に参拝に来て「ローック」って登山用語を使うとは思わなかったですね。上高地じゃねえんだぞwww

昔は女人禁制だったため、途中で女性が参拝できる社務所?「女人堂」があります。此処で行程の約半分くらいでしょうか?
IMG_5918.jpg
IMG_5925.jpg
更にここからは急で、ロープなどに捕まるか手を使って登る様な感じです。
IMG_5924.jpg

ようやく見えてきた鳥居
IMG_5926.jpg

此処からさらに急な感じです、鉄の橋の角度は尋常じゃないし、滑りますww
IMG_5930.jpg

そして・・・
ラスボスですww 本殿ですww
IMG_5935.jpg
最早壁です
IMG_5937.jpg

IMG_5962.jpg
垂直に7mはある崖がお出迎えです。懸垂が出来ないと登れないと思う。

振り返ると「絶景」です。足が滑ったら死にます、マジでww

鎖から足を踏み外せば、谷底へ真っ逆さまに落ちそうで、江戸時代に訪れた探検家「松浦武四郎」は参道を「オニカミノボリ(鬼が神のように登る道)」と日記に表現したくらいだそうで。


では、参りましょう。私が引き返す訳がないww
でも、ドールバックは形状的に邪魔でしたねw
IMG_5950.jpg

登頂完了です。参拝とかじゃなく、なんか登頂したって感覚でしたww
IMG_5941.jpg

こんなところによくもまあ建てたなと、先人たちの努力に感心します・・・・
IMG_5938.jpg


素晴らしい景色を堪能できます。本殿からは眼下に日本海、沖合に奥尻島を臨めます。
IMG_5954.jpg
間違いなく「ドール未到達」地域ですね(^o^)/

こんなところで撮影なんて罰当たりかもしれないのですが、この神社は参拝すると願いが叶うというので、神さまに「ドール撮影」を許可していただけるようお願いいしましたww

名残惜しいですけど、少し休憩してから下ります。
IMG_5964_20150823220055476.jpg

実は降りの方がヤバいですよ、なにせ角度が角度なんで、進行方向に進めません。バックで降りるような感じが安全ですね。
IMG_5965.jpg

IMG_5968.jpg
でも途中でこんな感じでブヨに刺されながら撮影してたら日記を観た皆さんからしたら「たいしたことなさそう」なんだろうなあww

参拝完了です。撮影しながらだったですけど1時間半~2時間くらいだったんで、正直汗だくでしたww
IMG_5972.jpg


エクストリーム参拝完了です。

アンサイクロ ペディアではこんなことが書いてましたww
『エクストリーム参拝のプレイヤー界においては「太田山参拝」は一種の勲章である。
なぜこの神社が日本一危険な神社と呼ばれるかは、実際に参拝に訪れたならば誰でも察しがつく。むしろ、「普通に参拝できるだろう。余裕じゃん」などと思う方がどうかしているほどである。
そんな人物は、もはや人間のレベルを越えていると言っても過言ではないだろう。最後の難関を乗り越えた勇者のみが、日本海とか奥尻島とかが眼下に広がる光景を見ることが出来る。
それは何ものにも代えがたい喜びであり、参拝することができたという信仰心よりもむしろ、ここまで登り詰めたという達成感が先に起つ。
ただし、「こんなところまで来て、俺は一体何をやってるんだ」などと疑問を持ってしまうと、やっちゃった感の方が強くなってしまう。』

(笑)まあ、上記の文章は誇張が凄いですがwww

秘境というか、エクストリームなドール未踏の地撮影が出来たので大変満足ですwww
P1120157.jpg

※エクストリーム:「人を寄せ付けないような環境を支配してみたいから」、「自分の個性を磨きたいから」、「身体的にまた精神的に向上することを楽しんでいるから」、あるいは「単純に荒野などのアウトドアが好きであるから」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コンプリート

おめでとうございます(^O^)

もはや

たむくま撮影探検隊ですね(笑)(≧∇≦)

お疲れ様でした

何事も無く良かったです(・ω・;)

ノックスさん

コメントありがとうございます、エクストリームドール撮影と名付けていただきましたww楽しんでいただけたら幸いですww
プロフィール

たむくま

Author:たむくま
たむくま日記へようこそ! ドール関係の記事を書いております。 DD雪ミクと、SD娘との日々日常を徒然なるままに(*´ω`)

試される北の大地にて、人生を楽しく過ごしてます(笑)
此処に立ち寄られた方が愉しめていただけたら光栄至極です。

LOVE LOCAL HOKKAIDO~
北海道観光に欠かせない「初音ミク」、特に「雪ミク」を応援しています。

職業冒険者。前人未踏の地(ドール)の秘境ハンターですww
料理が好き。身体を鍛えるのも好きなオッサンです(*・∀・*)ノ
マラソンやトレイルマラソン参加してます。
でも、サブカル好きでボカロ廃でドール沼です(笑)
ドール秘境撮影隊です、エクストリームドール撮影を提唱してます。冒険大好き、秘境が私を呼んでいる。自称スプリガン、今日も山野が私を呼んでいるwww

ドール関係の記事を掲載しますので、否定する方は回れ右でwww

Twitterはこちら  @tamukuma5028
F2Cブログ  http://tamukumablog.blog.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR