「バイク弁当の大滝食堂」

「バイク弁当の大滝食堂」さんが2月28日をもって暫く休業するとの事だったんですけど、10月12日より復活したそうなので、お出掛けしようと(*´ω`)

前回の秩父↓
ライダーのメッカ【秩父】
http://tamukumablog.blog.fc2.com/blog-entry-190.html


2週間ぶりのお休みだったんですが、いつの間にやら気温が低くなって肌寒いですね、タンクトップではちょっと厳しい季節、ライダーは革の季節ですね、何せあの乗物は夏は暑くて冬は寒いww
バイク弁当

さて、大滝食堂ですけど、ばくおん!でもネタにされてました、まあ、バイクのタンクの型の弁当箱ってイイじゃないですか、弁当箱は貰えるんでそれ目当てです。
DSCF6136.jpg

朝早く出過ぎて10時前に着いたんで、記念撮影。
DSCF6125.jpg

開店時間まで大滝の道の駅で温泉に浸かって体を温めます、正直、早朝は寒いんです、グリップヒーター入れててよかったww
1477225152394.jpg

10時40分に再び店を訪れると、もうライダーでいっぱいww
1477225133867.jpg
ライダーというのは世間のはみ出しものなので「バイク」「ライダー」を容認してくれるところに群がる習性がありまので、こういった場所には集まる習性があるのです、虫のようですねww

30分ほど並んで、店内に。食券購入して食べるタイプです、店内は広い。

DSCF6131.jpg

バイク弁当の中身は、豚肉の味噌タレの唐揚げですね、肉が柔らかい訳でもなく、わらじかつ丼や豚みそ丼で有名な他の店より味はちょっと落ちます。
IMG_20161022_120410.jpg


まあ、弁当箱を貰えるんで、正直弁当箱の代金だと思えばいいわけでww

まあ、このお店はオートバイの燃料タンクのお弁当ボックス。コレに尽きる。むしろ、ソレがイイww


で、帰りに、どうしても食べたかった「野坂の豚みそ丼」に寄る暴挙w
DSCF6141.jpg

相変わらず、混んでますw
1477126967799.jpg



待つこと30分くらいで案内されたので、久々の豚みそ丼との対面
DSCF6145.jpg


こちらの豚丼は無くなり次第終了なので早め行って並ばないと食べられない事もあります。
豚丼は炭火焼きの為 香ばしく肉は柔らかく絶品です。 大盛りも出来ます。正直、前も書きましたが、北海道の帯広で有名な豚丼の店の中で、私が食べたどの店よりもおいしいです(^o^)/ 

昼食に、豚丼2回、肥ゆる秋www

そんな感じで、美味しい豚丼・・・・じゃない、バイク弁当の大滝食堂でした(*´ω`)




バイク弁当の大滝食堂
埼玉県秩父市大滝890-2
TEL: 0494-55-0819 
http://www.bikebento.jp/

秩父名物 備長炭焼 豚みそ丼 元祖発祥の店 お食事処 野さか
住所:  埼玉県秩父市野坂町1-13-11
HP http://www.butamisodon.jp/
スポンサーサイト

日本一のカツカレー 「アサノ」

【日本一うまい」とまで言われるカツカレーのお店「リッチなカレーの店アサノ」でリッチなカツカレー】
http://gigazine.net/news/20110526_curry_asano/
硬派なグルメ雑誌『dancyu』(ダンチュウ)で「日本一のカツカレー」との称号を与えられたカツカレーだそうです。



後輩の紹介で、美味いカツカレーの店を教えてもらったんで、行ってきました。
P1150747.jpg

場所は東京都町田市原町田4-5-19 町田仲見世飲食街です。
営業時間は⇒ 11:00~14:00 17:00~20:00
P1150748.jpg

この「仲見世商店街」は、何だか、香港というかなんというか、若干アウトローな感じで、雰囲気がヤバい場所。私は好きですけど品のいいお坊ちゃんとか、カモられそうな場所です。

そんな場所にひっそりとあるカレー屋さんです。
P1150749.jpg

このお店のカツカレー、お値段は1450円で、若干高めですが、それもそのはず、実は神奈川県の名産『高座豚』様の豚肉を使用してるそうです。
なので、若干高めの設定ですが、高いから美味いのは当たり前。敷居は上がります。
これで味がイマイチだったら文句言う気満々でした。
P1150750.jpg

開店前に到着、20分ほど並んで待ってましたが、開店前には行列が形成、6人程度しか入れない店ですので必然的に並ぶ可能性が高いですね。

注文を受けてからカツを揚げるので、注文からは少しだけ待ちますが、それでもカレー屋にしては時間がかかるかもですけど普通の料理店よりはメニューも少ないんで早いです。

注文したのは、評判のカツカレー
P1150760.jpg
普通に美味しくて素直に感動してしまったww
胃に落ちてからジワジワと身体の中から熱くなります。
揚げたてサクサクのカツは、薄くもなく厚くもない「カツカレーとしてベストな状態」です。

メディアで持ち上げる店の全てが美味しいって訳じゃないし好みの問題もあるので一概には言えないですからね、正直、今回の『アサノ』も大した事ないんじゃないカモなあって舐めてましたが、良い意味で期待を裏切られました。
P1150758.jpg
このカレーは絶品です。
カツカレーの店、カツが美味しい店、カレーが美味しいお店、色々あるでしょうけど、この店は「カツカレー」がウマい店でしたww

ボリュームやコストパフォーマンスにおいては、さして突出する部分も無いのですが、カレーとしての美味しさだけはズバ抜けていると断言出来ます。流石は日本一の称号を勝ち取っただけあります。

立川防災航空祭



【立川防災航空祭、約8300人が来場】
陸上自衛隊立川駐屯地(立川市)で1日、「立川防災航空祭」が開かれた。
航空ファンら約8300人が来場し、ヘリコプターの編隊飛行や、航空機の展示などを見て楽しんだ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20161001-OYTNT50223.html
自衛隊の活動に親しんでもらおうと毎年開催されている。2014年に噴火した御嶽山(長野・岐阜県境)で行方不明者の捜索にあたったヘリコプターなどの展示や、重機の操縦席に座れる体験が人気で、大勢の家族連れでにぎわった。都心部で震度7の地震が発生した想定で、災害救助活動も実演。陸上自衛隊のほか、警視庁や東京消防庁、災害派遣医療チーム(DMAT)らが迫力ある動きを披露し、来場者らは、「かっこいい」「すごい」と歓声を上げ、しきりにカメラのシャッターを切っていた。(読売新聞)


IMG_9879_20161002075840848.jpg
来場者数が少ないですが、まあ、この周辺地域は反対団体の多い地域ですからね(※注)
IMG_9849_20161002075822370.jpg
Fuji AH-1S  Kawasaki CH-47J Chinook
IMG_9850.jpg
Fuji AH-64D
IMG_9844.jpg
Fuji UH-60JA
IMG_9833_20161002075811fb6.jpg
はくちょう(東消ヘリ) EC225LP

IMG_9834.jpg

おおとり2号(警視庁) アグスタ式AW139型
IMG_9859.jpg
陸自だけではなく、消防や警察、災害関係団体も展示
IMG_9861.jpg
災害用バイクという事で「BMW R1200GSアドベンチャー(2014-)

CB1300P(HONDA)警視庁
IMG_9867.jpg

カワサキ(KLX250)陸上自衛隊偵察用バイク
IMG_9871.jpg


雨の予報でしたが天気も持って曇り空でしたが無事に開催されました。
28-4.jpg

余談ですが。立川飛行場の変革を記載します。



現在の立川飛行場は1982年3月から主に各官公庁のヘリコプターが運用されています。
陸上自衛隊立川駐屯地の一部であると同時に立川広域防災基地としての役割があることから、東京消防庁航空隊多摩航空センターや警視庁航空隊立川飛行センターが併設され共用しています。
シン・ゴジラでは、国家の災害対策本部が移動しましたね、大活躍です。

定期的に航空自衛隊のC-1輸送機や海上保安庁のヘリコプターが飛来。滑走路の長さは900mで、北側の長さ300mの過走帯(離着陸時の滑走に使用できる)と合わせると1,200mになります。


立川飛行場は大正時代の1922年、帝都防衛構想の陸軍航空部隊の中核拠点として開設
立川飛行場の隣には立川陸軍航空工廠などの軍の工場や陸軍航空技術研究所などがあり、新型機の開発、実験のみならず、大東亜戦争中には後身の陸軍航空審査部が前線でアメリカ軍やイギリス軍から鹵獲したボーイング B-17やホーカー ハリケーン、ノースアメリカンP-51などの試験飛行を行っていました。また少し離れた場所には陸軍獣医資材本廠がありました。

敗戦に伴いアメリカ軍は立川飛行場を接収して、既存の滑走路の東側に延長約2000メートル(オーバーラン含む)の新滑走路を建設。アメリカ軍は新滑走路から東側を極東航空資材司令部(FEAMCOM - Far East Air Materiel Command、 FAC 3011、通称フィンカム基地)、西側を極東空軍輸送飛行場(FAC 3012)として運用を開始しました。
朝鮮戦争時には主に物資や人員の輸送のために軍や民間のチャーター機が多く使用しました。

しかし、1950年代後半には、滑走路が短いが故にボーイング707やダグラスDC-8などのジェット輸送機の離着陸が困難だったため、アメリカ軍は立川を始め木更津、新潟、小牧、横田、伊丹の各飛行場の拡張を要求しました。
ところがこの計画に対して地元地権者や学生活動家が猛反対。1957年の強制測量をきっかけに【砂川事件】が起き、1959年には最高裁判所が駐留アメリカ軍の合憲性を判断する事態にまで発展した。1960年にベトナム戦争が始まったが、砂川事件の裁判が続き拡張計画の実施は停滞した。
アメリカ軍は横田飛行場(旧陸軍立川飛行場付属多摩飛行場)の滑走路を1300メートルから3350メートルに延伸し、兵員施設を整備して、1960年(昭和35年)から立川の軍事航空運輸サービスを順次横田に移転し、日本に全面返還しました。
1972年に陸上自衛隊の先遣隊は移駐を開始、立川駐屯地が発足。 (住民票問題)
東地区の旧極東航空資材司令部付近は所有者である立飛企業株式会社や新立川航空機株式会社に返還され、商業施設のほか都立砂川高校、市立中学校、市立体育館などの公的施設用地として利用されており、旧空軍病院付近はタチヒゴルフ練習場として利用されています。
その他の跡地は東部・中央部・西部の3地区に分割され、東側は陸上自衛隊立川駐屯地のほか、海上保安庁・警視庁・東京消防庁など各官公庁の施設が設けられ、立川広域防災基地となった。
1994年には、一部がファーレ立川として再開発された。また中央部は、昭和天皇在位50年を記念して国営昭和記念公園が造営され、多くの皆様に利用されています。
プロフィール

たむくま

Author:たむくま
たむくま日記へようこそ! ドール関係の記事を書いております。 DD雪ミクと、SD娘との日々日常を徒然なるままに(*´ω`)

試される北の大地にて、人生を楽しく過ごしてます(笑)
此処に立ち寄られた方が愉しめていただけたら光栄至極です。

LOVE LOCAL HOKKAIDO~
北海道観光に欠かせない「初音ミク」、特に「雪ミク」を応援しています。

職業冒険者。前人未踏の地(ドール)の秘境ハンターですww
料理が好き。身体を鍛えるのも好きなオッサンです(*・∀・*)ノ
マラソンやトレイルマラソン参加してます。
でも、サブカル好きでボカロ廃でドール沼です(笑)
ドール秘境撮影隊です、エクストリームドール撮影を提唱してます。冒険大好き、秘境が私を呼んでいる。自称スプリガン、今日も山野が私を呼んでいるwww

ドール関係の記事を掲載しますので、否定する方は回れ右でwww

Twitterはこちら  @tamukuma5028
F2Cブログ  http://tamukumablog.blog.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR