ドールを背負ってどこまでも【手稲山登山】

P1030973.jpg

ドールを連れて行って、野外撮影するのは好きです。

敷居は高いですけど。

目立ちますし。


でも、かわいい娘をいろいろ連れて行ってあげたいのですwwww

で、庭園などに連れて行って撮影するのは、それなりに皆さんやってます。
なので、「SDを背負って登山して山頂で撮影しよう。」と企画。

P1030968.jpg

【手稲山】
北海道札幌市西部の手稲区と西区に跨る標高1023.1mの山ですね。
古くはアイヌ語で「タンネウェンシリtanne-wen-sir」(長い・悪い・場所)と呼ばれ、南斜面に大きく広がる崖地形から名づけられたとされるが、手稲という地名は「テイネィteyne-i」(濡れている・もの)に由来し、手稲区市街地の広がる山麓の開拓される前にあった低湿地帯を指すといわれる。
第11回冬季オリンピック札幌大会の会場になり、現在でも年間100万人を超えるスキーヤーが訪れる。(Wiki調べ)

また、手稲山は北海道の山スキー発祥の地といわれてます。
山頂付近は強固な岩盤であり、また石狩平野を一望できるロケーションの良さから、無線送信・中継設備が多く置かれています。
http://forest05.sakura.ne.jp/teineyama.html
手稲山には「滝ノ沢コース」、「北尾根コース」、「平和ノ滝コース」の3つのコースがあります。
平和の滝ルートが一般的でテイネハイランドからの管理道を登るルート。
北尾根ルートが有ります、但し北尾根ルートは健脚者向けです。
下手な高山よりハードで道もぬかるむ所が有りアップダウンもそれなりに有りますのでそれなりの装備が必要です。
P1030974.jpg
あいにく、雨模様。天気が悪かったので雲は低い。

逆に「雲海」が綺麗な感じです。


SDは、重量が約1.7Kg、DDだと1Kg無いです。
バックに入れて運ぶと、5Kgを超えます。他に登山用具と撮影機材。
重たいですけど、楽しい撮影のためにはエンヤコラwwwww


今度は何処の山に登ろうかなwwww
スポンサーサイト

【手稲】【滝野】6月、藤とスズランが綺麗です。



手稲前田森林公園では、北海道でも有数の「藤」が咲きます。

P1030837.jpg

早朝、車をすっ飛ばしていってきましたwwww

P1030840.jpg

宮殿のような景観も素敵でした。
このような景色は、うちの娘も映えるような気がします。


P1030873.jpg

滝野すずらん丘陵にも行ってきました。

6月はスズランの季節です。
2万株におよぶスズランは、かわいらしい花をつけて咲き誇ってました。



P1030941.jpg
フキの下でも撮影。
P1030933_20130615071538.jpg
コロポックルは「フキの下の人」という意味。

サイズ的にも、北海道のフキは大きいのでSDサイズですwwww

P1030913.jpg
アシリベツの滝 (日本の滝百選)

P1030923.jpg

滝野すずらん丘陵でした。

6月、内地では紫陽花の季節ですけど、北海道ではスズラン、藤です。
7月に入るとバラが咲き、ラベンダー畑が・・・・今から楽しみですwwwww

菜の花満開です。

P1030678.jpg

菜の花、千葉県の花ですね、実は北海道の滝川市には日本一の広大な菜の花畑があります。

行こうかなと思ったのですけど、近所に立派な菜の花畑があったので、そちらで撮影www

P1030691.jpg

いつも撮影で連れて行く娘。
菜の花バックはイイですね。

P1030688.jpg

今回はミクさんも連れて行きました。
愛車である「ランドローバー」と一緒に撮影。

P1030682.jpg

娘(車・ミクさん・SDエレナ)との撮影は非常に楽しかったですwww

P1030694.jpg
プロフィール

たむくま

Author:たむくま
たむくま日記へようこそ! ドール関係の記事を書いております。 DD雪ミクと、SD娘との日々日常を徒然なるままに(*´ω`)

試される北の大地にて、人生を楽しく過ごしてます(笑)
此処に立ち寄られた方が愉しめていただけたら光栄至極です。

LOVE LOCAL HOKKAIDO~
北海道観光に欠かせない「初音ミク」、特に「雪ミク」を応援しています。

職業冒険者。前人未踏の地(ドール)の秘境ハンターですww
料理が好き。身体を鍛えるのも好きなオッサンです(*・∀・*)ノ
マラソンやトレイルマラソン参加してます。
でも、サブカル好きでボカロ廃でドール沼です(笑)
ドール秘境撮影隊です、エクストリームドール撮影を提唱してます。冒険大好き、秘境が私を呼んでいる。自称スプリガン、今日も山野が私を呼んでいるwww

ドール関係の記事を掲載しますので、否定する方は回れ右でwww

Twitterはこちら  @tamukuma5028
F2Cブログ  http://tamukumablog.blog.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR