伊勢神宮

KIMG1931.jpg

お伊勢参りに行ってきました。
お伊勢さんは人生で2回目ですかね、前は2010年ですね。


今回は空路ではなく、陸路、しかも単独ツーリングで参りました(''ω'')ノ

バイクで行きたかったんです、片道約450kmwww

前日は雨の中、BBQをしてました、ずぶ濡れですww 翌日には上がると思いながら就寝、3時半の時点ではまだ雨模様でしたが、準備を進めているうちに・・・・

5時の時点で雨が降ってない状態に。今だとばかりに積載してバイクでGO(''ω'')ノ
よし、コレで雨は回避だ。(しかしホント、雨は避けたいですから)
(※隣のバイクが雨で倒れて私のバイクに寄っかかってきてて傷がついたので、コレについては後で弁償させます)

経路は東名~渥美半島(伊良湖)~フェリー~鳥羽~伊勢
経路

八王子から中央道~圏央道~東名自動車道(事故渋滞)を経て、いよいよ静岡県に入りますが・・・・静岡県は横に長いと言われるようになかなかつかないww

浜名湖を通過した時点で10時くらい、12時のフェリーには間に合うかと思ったんですけど。。。。
12時のフェリーはバイクがたくさんで積載できなかったため1時間ほど待機
KIMG1948.jpg

折角なんでドール撮影をww
KIMG1946.jpg

「伊良湖岬灯台」1998年(平成10年)に「日本の灯台50選」に選ばれた。
KIMG1942.jpg


付近には恋路ヶ浜などの砂浜が見られ、また日出の石門のような海蝕によってできた地形も見られる。岬の周辺にはウミウなど海鳥が多く棲息し、ウミガメの産卵場も形成されている
P1190990.jpg

伊良湖岬灯台|田原市観光ガイド【渥美半島観光公式】
http://www.taharakankou.gr.jp/spot/000008.html

伊勢湾フェリー株式会社。
http://www.isewanferry.co.jp/
鳥羽と愛知県の伊良湖(田原市)を結ぶ定期航路(フェリー)を運航

フェリーに乗って、イイ感じでVIPルームで撮影したりして
P1190970.jpg


いよいよ、鳥羽から伊勢に向かいます。
久々のお伊勢さんです

伊勢神宮の正式名称は「神宮」起源は今から約2000年前、大和から皇祖神・天照大御神の御杖代として旅した倭姫命が、五十鈴川のほとりに皇大神宮を定めたとされています。その約500年後、天照大御神の食事を司る神をまつったのが豊受大神宮です。125社のうち内宮・外宮と、両宮と関わりの深い14の別宮では20年に1度、隣の敷地にそのままの姿で社殿を建て替えご神体を遷す式年遷宮が行われます。
KIMG1955.jpg

伊勢神宮
「お伊勢さん」と親しく呼ばれる、伊勢神宮の公式サイト。
http://www.isejingu.or.jp/
KIMG1956.jpg

参拝も終わり、さあ、いよいよ赤福ですww

【赤福ぜんざい】
KIMG1963.jpg

冬場の甘味として昭和41年より始めました。
販売当初は「赤福しるこ」として販売していましたが、さまざまな改良を重ね、昭和62年には名称も「赤福ぜんざい」と変更します。
「赤福ぜんざい」に入る大粒の大納言小豆は、雑味を残さず、また小豆の粒と風味を損なわないように丁寧に炊き上げます。また、焼餅はお客様からのご注文を受けてから焼きあげます。一杯のぜんざいをおいしく召し上がっていただくため、食感と食味の異なる「かり梅」と「昆布」を口直しとして、添えています。

赤福ぜんざい | 伊勢名物 赤福
http://www.akafuku.co.jp/product/zenzai/
平成29年10月7日~販売中

ウマかった(''ω'')ノ  
KIMG1966_201710141527315c9.jpg
おかげ横丁をざっと見学して、宿泊地にて、松坂牛を食べる
KIMG1972.jpg
翌日はそのまま帰路につきました。
P1190901.jpg



流石に2日目になると航続距離が短くなり、休憩が多くなりますww
KIMG1993.jpg

足柄で食べたシラス丼はたいしたことがなかったし。
「ああ、しまったな、前のSAの由比で生シラスと生サクラエビ丼食べればよかったなあ・・・アレは900円で生で、桜エビも・・・このシラスは焚いてあるし、しかもこれで880円、しまったなあ。。。」っと、ゴローチャンっぽい失敗したりしつつ
KIMG1997.jpg

後半は大好きな「お嬢様聖水」の力で何とか帰宅、2日間で900kmを超えるツーリングとなりました。

まあ、苦行を楽しむバイク乗りらしい休日でした、雪が降る前に岐阜や長野にも行ってみたいものですね(''◇'')ゞ 

冬になったらソロツーで、冬キャンしなくちゃ(富士狙い)

スポンサーサイト

世のちり洗う四万温泉【ダム便覧】

「世のちり洗う四万温泉」
上毛かるたですね。郷土かるたです。群馬県の自然や歴史を題材にした「上毛かるた」は、学校内で毎年大会が開催されるだけでなく県大会が開催されるほど、群馬県内では百人一首よりもメジャーな存在です。
http://www9.wind.ne.jp/fujin/gunma/karuta/karuta.htm

さて、今回は四万川ダムです、上州、奥四万湖にそびえる城壁、温泉が多い(草津や伊香保もある)ので保養も兼ねて行ってまいりましたツーリング 

4時に起きます、ドールオジサンの朝は早い。
4時半出発、圏央道を経て、関越道に抜けます。この時外気温は10度を下回ってるので体感温度は氷点下です、寒かった( ;´Д`) 

そして中之条ダム到着(6時半)
DSCF6598.jpg

ダムカードの配布は平日のみなんで我慢ww
DSCF6601.jpg

小さいながらも綺麗なアーチ式コンクリートダムです、砂防ダムとしても活躍しつつ水力発電を担ってます。見ていて美しさを感じる。
DSCF6604.jpg


中之条ダム[群馬県] - ダム便覧
http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0607

7時半、四万川ダム到着、この時点では、全然観光客はいない、川の傍なのでめっちゃ寒いけどww
DSCF6613.jpg


DSCF6648.jpg

城壁を思わせるこの外観、美しい
DSCF6631.jpg

楽しく撮影しました。
DSCF6652.jpg

「四万川ダム」は、利根川水系四万川に建設された重力式コンクリートダム。堤高の89.5メートルは群馬県が運営するダムとしては最も高い。国土交通省の地域に開かれたダムに指定されており、西洋の城を想起させるデザインが施されてます。
四万川には既に砂防と発電を目的に中之条ダム(アーチ式コンクリートダム。高さ42メートル。群馬県管理)が建設されていたが、四万川・吾妻川流域の治水・利水を行う為に最上流部に1980年(昭和55年)より建設が開始。ダムは洪水調節・不特定利水・四万温泉郷や太田市、その他地域への上水道供給・ダム直下の日向見発電所における最大1,000キロワットの水力発電を目的とした多目的ダム(補助多目的ダム)です。

四万川ダム[群馬県] - ダム便覧
http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0626



9時過ぎには観光客が接近してきたので撤収
9時半、離脱、この頃には天端の方に観光客がたくさん来てます(下はそんなにいません)
やはり早朝撮影は眠いけど環境的にはイイですね(`・ω・´) 

四万温泉にて採暖です、手がかじかんでwww温泉で温まったので回復、10時半過ぎに四万温泉を離脱


四万温泉郷|(一社)中之条町観光協会|群馬県
http://www.nakanojo-kanko.jp/onsen/shima-koshiki.shtml
四万こしきの湯は、奥四万湖(ダム湖)にある「四万せせらぎ資料館(群馬県営ダム初のダム資料館)」内に併設されている、町営の日帰り温泉施設です。


腹が減ったので群馬県名物もつ煮定食で有名な「永井食堂」へ向かおうとしますが

日曜定休日

伊勢崎の「日出食堂」も定休日だったので、高崎にある「だるま食堂」へ向かいます
途中で伊香保温泉の人形と玩具と自動車の博物館に引っかかる
DSCF6660.jpg

ドールっていうか、人形が展示されてます。
DSCF6663.jpg

DSCF6667.jpg

この博物館、見ごたえありますよ、楽しかった
DSCF6696.jpg

KIMG1897.jpg

名車がたくさん展示されてます
DSCF6692.jpg

KIMG1893.jpg

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館
http://www.ikaho-omocha.jp/


14時くらいに到着、渋滞は嫌ですね
KIMG1903.jpg

だるま食堂では猫がお出迎えww
KIMG1904.jpg

名物のモツ煮定食です。

KIMG1905.jpg

もつ煮牛すじ専門店 だるま食堂
http://www.darumaoyaji.com/
飯も食べてちょっとゆっくりしたかったんで、移動して藤岡の「鮎川温泉」に

この温泉、ほとんど知られていないのでネット検索してもHPくらいしか出てこないんですけど、ホントいい温泉でww


鮎川温泉 金井の湯
http://www.kanainoyu.jp/


まったりと休んでから、上州を後にします。
21時、帰宅。

走行距離約350kmくらいですか、楽しい日帰りドルドルツーリングでした!(^^)!
KIMG1909.jpg

P1190848.jpg

昌和産業 ブルーパール ソーラントクリスタルシールド Newポリマー

実は洗車が結構好きです。
洗車って、傷の確認やマシンの不具合などを発見できるし、故障発見&予防に最適だと思ってます。

ところが洗車場が都内では場所がよくわからないですし、更に結構なお値段がします、自宅で洗車しようにもアパートでは外で水を使いにくいので上階に棲んでる自分の部屋までバケツで水を汲んで降りたり上がったりするのはしんどい。

ガチで洗車するときは水で砂を落として、大量の泡でモコモコと傷をつけないように洗っていますが、洗車した後の数日間、わずかに汚れはじめ程度の場合のちょっとした汚れふき取りや本当に時間を短縮したいときいちいち洗車し直すのはさすがにきついです。

雪ミクココアに乗ってるとイベント会場で拭きあげたりする必要もありますし、ステッカーのくすみなども気になってたところです。

今までは、出先の拭き上げの為に「フクピカ」を使ってました。12枚で600円くらいですね。
他に気に入ってたのは「プロスタッフ エックスマールワン」「 ミスターマジック スリキズ消し光沢」ですね。

汚れ落としからキズ消し艶出しまでこれ1本で簡単に仕上がる、万能タイプのケミカルだったんで、気に入ってました。
気になる箇所に塗って磨いて綺麗な布で拭き取るだけでOK。

ところが、動画を見てたらこんな商品が。

バイクの金属および塗装部の激しい汚れを落として磨き上げる方法
https://www.youtube.com/watch?v=9AvazFZ28Yo

ブルーパールを売りたい!のでデモ洗車致します・・・(_ _)
https://www.youtube.com/watch?v=Sx-cMzUoxAU&t=16s

バイクのタンクのシート擦れ跡を綺麗に消す方法
https://www.youtube.com/watch?v=zZy2OFnIEB8&t=197s

施工箇所に塗って磨いてクロスでやさしく拭き上げて施工?
メッキ部分の磨き上げとかホイール磨きと塗装面って、ケミカルを分けて使ってたんですけど、コレ1本で?

ってことで買ってきました。
KIMG1084.jpg



昌和産業 ブルーパール ソーラントクリスタルシールド Newポリマー ブルーハード
http://whitebase.shop-pro.jp/
http://whitebase.shop-pro.jp/?pid=100941767
ホワイトベースの動画で人気のブルーパール。 汚れを落とし、艶を出してコーティングできます。 ボディはもちろん、ホイールやフレームなどの足回り、油汚れやブレーキダストも良く落ちます。(紹介文より)

てってことでやってみました
KIMG1071.jpg

KIMG1072.jpg

綺麗になるのでびっくりwwワックスではステッカーに着いた傷とかまでは消えなかったんですけど、傷が綺麗に。
P1190389.jpg

コンパウンド効果ですね、それでいてあとからコーテイングをしないでいいとはコレは楽ですww
P1190387.jpg

古いワックスの汚れも水垢も消えます。

小傷も消せます。洗車キズなどの細かい傷やくすみを綺麗に消し、深めのキズても目立たなくする、卓越したキズ消し性能ですね。
KIMG1078.jpg

ほら、綺麗ですww
P1190390.jpg

メッキにも試してみました
P1190400.jpg

塗ってみてふきあげます
P1190408.jpg

メッキの錆は塗装できませんので錆びさせれませんからね
P1190413.jpg

ピカピカデス 耐久性に優れた圧巻の色艶・光沢性能!

油汚れ等にも効果抜群


さらに、施行後のコーテイングの2度手間が無くていい。
雨滴や汚れ・シミなどから強力に守り、コーティング性能や美しさを長期間キープする、優れた撥水・防汚性能までも。

全部これ1本で簡単に済みます。

正直、それぞれの機能はその専門のケミカルには敵いません。


水で砂を落として、大量の泡でモコモコと傷をつけないように洗っているような方々には無縁の存在になりがちです。
本気で光沢を出したいのであれば、出番はありません。


メッキを磨くケミカル
塗膜の傷消しケミカル
仕上げのワックス
ホイールクリーナー
シートクリーナー・・・

等々、専用のケミカルそれぞれを使うのであればそれに越したことはないですが、時間も手間も省略してコレ1本で済ますのであれば・・・・
これはいい商品です。

フクピカよりも綺麗になります。1L入ってますので3799円でも実はそんなに高くないです、何度か使ってますが全然減らないww

むしろめんどくさがる方にこそオススメかもしれません・・・・
が・・・・考えたら一番いいのは洗車を自分ではしないでプロに依頼ですねww
P1190394.jpg

ってことでwww 
まあ、自分で洗車するんであれば、結構オススメです(''◇'')

秩父4ダムロマン

ダムに行くと「ダムカード」というものがもらえるそうです。実は私はその「ダムカード」なるものは知らなかったです。ずいぶん昔に浜木戸さんに聞いたような気もしますが。
DSCF5476.jpg

ダムカードは全国的に展開していて、ダムに併設されている管理所で配布されているそうです。
※(注1)ダムによって配布していなかったり平日のみだったりするので、詳細はダムカード配布一覧をご参照ください。

※注1 ダムカード配布一覧(PDF)
http://www.mlit.go.jp/river/kankyo/campaign/shunnkan/damcard.pdf


私はこの季節の秩父は走り易くてとても好きです。
芝桜やつつじ、彼岸花の時期には混んでますし夏は暑いのでこの季節が楽しい。
山伏峠や正丸峠はクルマがあまり通らないのでライダーにとっては楽しい山道です。

たまたまなんですが、職場の先輩にも浜木戸さんにも「浦山ダム」は行った方がイイよって言われてたんでちょっと寄ってみたんですよ。
秩父市の中心部を抜けて国道140号まで戻り、石灰岩の剥きだしている荒々しい武甲山を左手に見ながら大滝方面へ向かい山道を登って行くと、この周辺でもっとも巨大な浦山ダムにたどり着きます。

これでKIMG5656.jpg
すよ、なんてデカいんだww
KIMG5657.jpg

高さ156mは日本のダムで6位タイ。重力式コンクリートダムとしては奥只見ダム(阿賀野川水系只見川。電源開発株式会社。157.0m)に続き全国2番目の高さです。
DSCF5498.jpg
見下ろすと眼下には秩父の街並みが。
※浦山ダム(うらやまダム)は埼玉県秩父市浦山地先、荒川水系浦山川に建設されたダム
http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0642


管理事務所に行くと「ダムカード、あります」フォトって書いてあるんでちょっと聞いてみたところ・・・
1495969414742.jpg

秩父にある、浦山ダム、滝沢ダム、合角ダム、二瀬ダムの4つのダムカードを集めて、二瀬ダムの管理所に行くと、幻のダムカードが貰えると管理事務所の方が教えてくれました。
DSCF5505.jpg


ソリャ燃えますねえwwww


行かねばなりますまいwww

ってことで、4ダムロマンに行って参りましたwww

浦山ダムには現時点で到達、先ずは遠い場所にある「合角ダム」を狙います。
ちなみに合角ダムのダムカード、「ごうかく」とも読めるので受験生に人気があるんだとか。
DSCF5430.jpg
合角ダムです。
P1190162.jpg

※合角ダム(かっかくダム)は、埼玉県秩父市、一級河川・荒川水系吉田川に建設されたダム。高さ60.9メートルの重力式コンクリートダムで、洪水調節・不特定利水・上水道を目的とする、埼玉県営の多目的ダム。ダム湖(人造湖)の名は西秩父桃湖とよばれます。
http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0641
P1190184.jpg
湖面の橋が綺麗でした。


そして、次は「滝沢ダム」「二瀬ダム」に挑みます。

ダム撮影は、早朝に行くと人が居ないので管理事務所が開く9時前にドール撮影を済ませます。
1495969716246.jpg

国道140号まで戻り、大滝方面へ。道なりにしばらく走ると、急に目の前に巨大なループ橋と、その向こうに巨大な灰色の壁が見えます。2011年に竣工したばかりの滝沢ダムの登場です。
1495969712240.jpg

※滝沢ダムは埼玉県秩父市、一級河川・荒川水系中津川に建設されたダム。
独立行政法人水資源機構が施工を行った多目的ダムで、荒川の治水と東京都・埼玉県への利水を目的に利根川・荒川水系水資源開発基本計画に基づいて計画された荒川上流ダム

http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0643

ちょっと離れた場所から撮るとループ橋もダムと一緒に写せます。
1495969711010.jpg

そして最後。
1495969660165.jpg

二瀬ダムです。
1495969657264.jpg

※二瀬ダム(ふたせダム)は埼玉県秩父市、一級河川・荒川の本流最上流部に建設されたダム。国土交通省関東地方整備局が管理する国土交通省直轄ダムで、荒川水系では初となる高さ95.0mの重力式アーチダム。荒川の治水と埼玉県北西部の既得農地に対する農業用水補給および県営の水力発電が目的。浦山ダム(浦山川)や滝沢ダム(中津川)と共に荒川上流ダム群を形成している。ダムによって形成された人造湖は、秩父宮妃によって秩父湖(ちちぶこ)と命名。秩父多摩甲斐国立公園に指定されている。
http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranA/All.cgi?db4=0637

この周辺で最初に建設された貫禄のあるアーチダムを眺めつつ・・・感慨深いですね。

この二瀬ダムの管理所で、4枚手に入れたカードを提示すると、伝説の手作りカードが貰えます。
DSCF5484.jpg

画像については、実際にめぐってのお楽しみってことだそうです、公開出来ないです、残念。

1495969551384.jpg

しかし、ダムをめぐる経路ってば大抵山道で、しかも景観が優れていて、川が側にあるので涼しいし、いい感じで楽しめました、他のダムにも興味がわきましたね。楽しそうデス。

ってことで、秩父の4ダムロマン、ミッションコンプリートです。
DSCF5433_20170528232133f6e.jpg


秩父と言ったら「野さか」の豚みそ丼ですね、美味しかったです。
1495969408719.jpg

国道最高地点~草津志賀高原ルート 日本ロマンチック街道

前回のバイクキャンプツーリングで通行規制されていた「渋峠」、GWも明けたんで行って来ました。野外撮影したかったしww


ドルパ終了して、その後お仕事に行って。
翌日。2時半起床、3時出発
経路図

今回選定したのは草津温泉から国道292号線、通称草津志賀高原ルートを登って長野県との県境のある渋峠を越えるルート。
KIMG5426.jpg
夜明けが綺麗です、まあ、ワタシが撮影出掛けて天候が崩れるなんてことはないんですよww

KIMG5430.jpg

途中途中で野外撮影するww
P1180824.jpg

比較的重装備で行きましたんで、雪でもなんでも関係なく撮れます。

渋峠があるこの草津志賀高原ルートですが、沿線の自然が日本において最もドイツ的自然環境を持っているから「日本ロマンチック街道」と名付けられたそうです。
P1180841.jpg


そしてこの経路の醍醐味はなんといっても4月下旬の雪の回廊の景観です。
P1180973.jpg

両側を高い雪の壁に挟まれた中を行くドライブは、標高の高い地点を通る山岳道路ならではのものですね。
P1180852.jpg

また、雪の回廊以外にも、パノラマが広がる景色もとても素敵です。

山岳道路は数あれど、これほどまでに走りやすく360度景色の開けた道路と言うのはなかなかお目にかかれませんね。

雪の回廊&国道最高地点~草津志賀高原ルート 日本ロマンチック街道 001
https://www.youtube.com/watch?v=mPa2HlP-pAM

雪の回廊&国道最高地点~草津志賀高原ルート 日本ロマンチック街道 002
https://www.youtube.com/watch?v=wvBR-f4smhQ



蓼科のビーナスラインに比べると道幅も比較的広く、何故か道行くクルマもバイクもスピードがそんなに出ていない。故に走りやすいのでお勧めです(*´ω`)
P1180877.jpg

今回の目的地、渋峠に日本国内のすべての国道の中で最高地点とされている地点があります。
P1180892.jpg

ド平日GWあけですよ、空いててよかったww

P1180906.jpg

渋峠の標高は2172m、日本の国道最標高地点です。
P1180913.jpg


近くにある「渋峠ホテル」にて到達記念カードを購入
P1180941.jpg

トイレは有料ですwwなんで喫茶店利用、暖炉がかっこいい
P1180968.jpg

P1180962.jpg

帰りに、有名な草津温泉に
DSCF5297.jpg


草津温泉ポータルサイト
http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/
草津温泉-西の河原露天風呂|
http://sainokawara.com/
草津温泉西の河原露天風呂。総面積男女あわせて500㎡を誇る日本有数の大露天風呂だそうで。
DSCF5290.jpg



堪能した後は、ちょっと仮眠

そして飯を食ってないことに気付く。モンスター2本とコーヒー2本、コンビニのおにぎり×2個。道理で腹が減ってる。。。。


ってことで、群馬と言ったら「モツ煮」でしょう。後蒟蒻とうどんとネギと焼まんじゅうが有名ですが。

ってことで、「秘密のケンミンSHOW」で取り上げられた、群馬県のソウルフード“もつ煮”を食べに行きましょう。
DSCF5303.jpg


日本一と言われるモツ煮定食 群馬県渋川市の永井食堂
永井食堂(オフィシャルページ)
http://www.cm-tokyo.com/nagai/

モツ煮定食、大盛りご飯が凄いww
DSCF5305.jpg

590円って安い(*´ω`)

いやあ、堪能です(^o^)/ 
20時には帰宅、都合撮影しながら仮眠しつつ、17時間、400km越えの楽しいドライブでした(^o^)/

P1190020.jpg

P1180833.jpg

プロフィール

たむくま

Author:たむくま
たむくま日記へようこそ! ドール関係の記事を書いております。 DD雪ミクと、SD娘との日々日常を徒然なるままに(*´ω`)

試される北の大地にて、人生を楽しく過ごしてます(笑)
此処に立ち寄られた方が愉しめていただけたら光栄至極です。

LOVE LOCAL HOKKAIDO~
北海道観光に欠かせない「初音ミク」、特に「雪ミク」を応援しています。

職業冒険者。前人未踏の地(ドール)の秘境ハンターですww
料理が好き。身体を鍛えるのも好きなオッサンです(*・∀・*)ノ
マラソンやトレイルマラソン参加してます。
でも、サブカル好きでボカロ廃でドール沼です(笑)
ドール秘境撮影隊です、エクストリームドール撮影を提唱してます。冒険大好き、秘境が私を呼んでいる。自称スプリガン、今日も山野が私を呼んでいるwww

ドール関係の記事を掲載しますので、否定する方は回れ右でwww

Twitterはこちら  @tamukuma5028
F2Cブログ  http://tamukumablog.blog.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR